受忍限度とは?

受忍限度を知りたくて、走り出す車

受忍限度とは、民事裁判をしないと使わない用語騒音は受忍限度と超えたら違法?と考えている人は的外れな検索をしています。受忍限度を超えている?判断は裁判所がします。みなさんは、騒音がうるさくネットで検索をし、受忍限度のデシベルを探していませんか?。裁判を前提に検索するなら理解できますが、それ以外の人は規制されている騒音の法律・条例を検索しましょう

受忍限度は民事裁判で使われる

民事裁判では受忍限度が採用される画像

民事裁判をしないと使わないです

あなたは騒音で民事裁判をします。裁判官は「勝ち」「負け」を決めます。

基準となるのが受忍限度です。

裁判官は違法性を判断するのに「受忍限度」で判断する

裁判官が受忍限度論を採用して判断すると言っている画像

受忍限度を超えていると判断するのは裁判官

受忍限度とは、「この部分」のことを言っている。

何を言っているのか?

最終的に、民事裁判の判決で「受忍限度を超えていれば不法行為となる。」

え?

ごめん、下に行って・・。解説します。

受忍限度の説明

土器の蓋を開ける画像 受忍限度も蓋を開けると色々ある

受忍限度の蓋を開けてみると

騒音の音量(環境基準騒音規制法の基準)先住権公共性騒音苦情のやり取りなどがあります。

これらの項目を合わせて受忍限度と呼ばれています。

一般社会生活上受忍すべき限度を超えるものかどうか?

一般社会生活上受忍すべき限度を超えるものかどうか?それは、受忍限度論で決まる画像

判断は受忍限度で決める

民事裁判をすると一般社会生活上受忍 すべき限度を超えるものかどうか?により裁判が決まるケースが多いです。

これを決める基準が、受忍限度です。

受忍限度のまとめ

受忍限度をまとめたくて散歩している画像

騒音の民事裁判をします

民法709条の不法行為で争うことになるでしょう。

不法行為と認められれば勝ちとなります。

裁判所は、騒音の裁判の際「判断基準を、一般社会生活上受忍すべき限度を超えるものかどうか?」で決めるケースが多いです。

その判断材料となるのが、受忍限度です。

受忍限度には、環境基準騒音規制法の基準先住権公共性騒音苦情のやり取りなどがあります。

受忍限度は、この時に使われる用語になります。

受忍限度の基準値(デシベル)などは、ない!

受忍限度の基準値を探し疲れた女性

騒音の基準値の「どれか」が使われている

受忍限度の「基準値はない」です。

受忍限度の基準値を探すのは無駄になります。

騒音の民事裁判をすると、基準値(デシベル)が判断材料の一つとなる。受忍限度の基準値はないはずなのに・・。

なんで?

民事裁判をした場合に使われる基準値

法廷の画像 受忍限度の基準値はある程度予測はできる

日本にある騒音の基準値(デシベル)が採用される

環境基準の基準値や騒音規制法の基準値が採用されています。

どの基準値を使うのか?裁判所が決めることなのでわからないです。

予測することはできます、工場や事業場からの騒音であれば、騒音規制法の規制対象外であっても、騒音規制法の基準値が採用されるケースが高いでしょう。

基本的には、環境基準・騒音規制法・騒音の条例

しかし、知識がないと予測は難しいです。