先に住んでいるから何?~先住権・騒音編~

先住民の男性の画像 先住権と先住性

まず初めに、騒音の法律・条例には「先に住んだ方が優遇される」項目はありません。

後から引っ越してきたからと言って、怯える必要はありません。

騒音の法律・条例に違反していれば、騒音を「小さくしなければいけません」

引っ越した先がうるさかった場合

騒音に耐えられなくて地面を拳で殴っている画像

そんなこと考えてもなかったよ!

  • 町工場の隣に引越してしまった
  • 倉庫の近くに引っ越してしまった
  • 便利なコンビニの隣に引っ越してしまった

「先に住んだ人の騒音は我慢しなければいけない」あなたの思い込みです

女の子が裸足で歩きながら、「あなたの思い込みよ」と言っている画像

騒音の法律・条例に「先住権や先住性」と言う言葉はありません

あなたは、「先住権や先住性」が頭をよぎっているでしょう・・。

騒音の法律・条例に違反していれば、騒音の職員さんが対応してくれます

逆のパターンで見て見ましょう

隣に騒音主が引っ越してきた場合

閑静だった場所が「うるさくなった」場合

先に住んだ人の言うことを、聞く必要はないのです

騒音の法律・条例に「先住権や先住性」と言う言葉ないからです

違反していれば、騒音の職員さんがやってきます。

先に住んだ人が有効な場合

裁判所の画像 民事裁判をしたがっている画像

騒音で民事裁判をした時に効果を発揮します

民事裁判では受忍限度が採用されると思われます

受忍限度で裁判の判決をすると思われます

受忍限度については、受忍限度についてを見て下さい

先に住んだ人の方が優位になる傾向にあります。

裁判所が判決することなので「先住性が確実に有効ではないですが・・。」

引越し先が騒音を出す環境化ではない、場所を探すのが一番

夕方にカップルが海辺を歩きながら「静かなのはいいよね」と会話している画像

変な話ですが、騒音の法律・条例に違反していなければ、何をしても問題はないってことです。

大規模な工場や倉庫などは、用途地域で、建てらる場所を制限しています。用途地域については、用途地域についてを見て下さい。

民家が多い集合住宅では、大規模な工場は建ちませんが、住民同士の騒音問題が発生します。

探すのは、非常に困難です。私は、賃貸をお勧めします。

嫌なら引っ越せばいいからです。

騒音の法律・条例は、万能薬ではありません

毒の画像 これを飲めば騒音はなくなるが・・・死んでしまうという画像

日本は、騒音を出した方が有利に働きます。と言うぐらい、規制されている種類は少ないです。

騒音がうるさいならば、騒音の法律・条例を先に確認しましょう。規制されていればラッキーです。