バーベキュー騒音 どうしよう

BBQがうるさいので、騒音主に一人でクレームを言いに行く女性の画像

迷惑にならない場所で、BBQすればいいのに・・・(´;ω;`)

今回は、バーベーキューの騒音を法律・条例で止めることはできるのか?について解説をしてきます。「騒音」だけにフォーカス。「匂い」や「煙」は、除外して解説していきます。

法律の規制なし。条例で規制

BBQは、条例できせいされていますの画像

BBQは条例で規制されています

自分の住んでいる地域で禁止や規制がされています。条例は、全国で統一されていません。お住いの地域の条例が適用されます。

他の地域の条例は、あなたに適用されません。「あなたが住んでいる自治体の条例が適用されます」自治体のHPを見るのが正解です。

バーベキューの規制。場所は?

BBQが禁止されている公園でBBQをしている人達に「BBQ禁止なんですけどー」と言っている男性

都市部の条例では「公園」「河川敷」「浜辺」でのバーベキューを「禁止」又は「規制」しています。

BBQ規制範囲はこれだけです。(´;ω;`)

全ての「公園」「河川敷」「浜辺」BBQを禁止しているわけではなく、禁止エリアが指定されています。

条例です。自治体が決めるのが「条例です。」全国で内容が異なりますから、詳しくは自治体のHPを見てください!としか言いようがありません。

もしかしたら、独自の条例で「バーベキュー禁止エリア」が他にもあるかもしれません。希望は薄いです(´;ω;`)

バーベキュー騒音。主な被害場所

BBQの騒音がうるさくて、コーラをがぶ飲みしながら「マジでうるさい」と言っている男性の画像」

①公園・河川敷・浜辺の近くに住んでいる人

②隣の家が、お庭・駐車場でバーベキュー

③バーベキュー会場の近くに住んでいる人

統計などの情報ではないです。私が勝手に考えましたので・・・。

①~③について、私が考える「騒音をどうしよう?」を書いていきます。

①公園・河川敷・浜辺の近くに住んでいる人へ

禁止エリアかな?確認する方法

BBQ禁止の看板 公園や河川敷では、BBQの看板が設置されていいるケースが多い

バーベキュー禁止かな?を調べる場合は、市町村のHPや河川事務所のHPで確認しましょう。

公園や河川敷では、看板にバーベキュー禁止の看板や管理している団体の名前や電話番号が書いてあるケースがあります。確認してみましょう。

トラブルを避けるため、ご自身で注意をするのはおすすめできません。相手が酔っ払いかもしれません。食材を切るための包丁があると、予測できます。無駄なトラブルは避け、禁止されているのですから110番通報しましょう。

禁止されていない人からすれば、めちゃくちゃ羨ましいです!「禁止されている!やったぁー!通報だー!」でいいです。

無理にストレスを貯める必要はありません。

直火禁止とは?

芝生の上で直接BBQをした後の残骸の画像

直火禁止となっているケースがあります。

バーベキュー禁止ではありません。川の石でカマドを作り、鉄板を載せてバーベーキューをしてはいけないのです。バーベキューセットがあればOKなのです。

②お隣が、お庭でBBQ

自宅でBBQをしている画像 ここぞとばかりに肉を沢山載せているが、周りの住宅からは白い目で見られている

結論から書くと、騒音被害でバーベキューを止める法律・条例は存在しません(´;ω;`)

結局は「BBQやめてもらえませんか?」と言うことから始まり、その後の状況次第で「警察・自治体・町内会・裁判」を考えるしかありません。

分譲住宅だけど、念願の一戸建て。綺麗なマイホーム。隣人ともうまくやっていかないと・・・。そんな隣人が、庭先や駐車場でバーベキュー!(´;ω;`)

我が家の綺麗なマイホームが汚れるし!洗濯物が干せないし!騒音がうるさいし!(# ゚Д゚)

注)もしかしたら、一部地域の条例で禁止されているかもしれませんが、私は知りません。

だから皆さん困っているわけです。

「この先も付き合って行かないといけないからなぁ~」強く言えないし・・。

BBQ騒音〇〇デシベル以上だと違法?

「人の声は、規制されていない」と叫んでいる男性の画像

「騒音の法律や条例で〇〇デシベル以上だと違法だ!」と言う声があります。

騒音の法律や条例では、規制している機械に対して〇〇デシベル以上は出してはいけないとなっています。

「指定されてない機械」となれば、音を測定する価値すらありません。

今回は、バーベキューです。発生する騒音は人の声ではありませんか?。人の声は、規制されていません。(´;ω;`)

以上のことから、法律や条例でお隣のBBQを辞めさせることはできません。

警察官を呼び、軽犯罪法ではどうか?

警察官が決めることです。明確な基準がありませんので、除外しています。

民事裁判をすると、なぜか基準がある!

環境基準を守れと騒音主に言っている画像。しかし、環境基準は、行政の目標であることをしらない男性

民事裁判をしないと基準はありません。

騒音の民事裁判をすると、裁判官は判断をします。

判断材料の一つに「環境基準」を採用するケースが多いです。

詳しくは:環境基準とは?をみてください。

説明をすると「環境基準は、行政の目標数値である。」と言うことです。民事裁判をしないと「環境基準」は意味がありません。

民事裁判をすると、「環境基準が基準となる。」と考えて下さい。正し、裁判官が判断をします。「騒音規制法の基準になるかもしれません。」

判断の基準は、裁判所が決めることです。このケースが多いと思っていて下さい。

騒音の窓口に相談すると?

休みにもかかわらず、丁寧に答える男性の画像

「個人間同士の騒音は、対応していません。話し合いで解決して下さい。職員が入ると逆に揉めます。」と言われる可能性が高いです。

法律・条例に違反してない以上、騒音の窓口で門前払いされる可能性が高いです。

対応してくれる職員さんもいます。

職員さんが「騒音を小さくして下さい。」と、お隣さんに言ってくれるケースもあります。

お願い」であり、強制力はありません。「何百回」お隣に「お願い」をし、BBQを止めなかったとしても、違法ではありません。

騒音の窓口は、お住いの自治体のどこかにあります。自治体ごとに設置されており、名前もバラバラですから、自分で見つける必要があります。

大事なことですが、騒音の窓口は土日祝に開いてない可能性が高いです。相手は公務員です。隣のBBQは土日祝にやっていませんか?

平日に相談する必要があります。

警察官を呼ぶ

警察官の画像

私の場合、110番する勇気はなく#9110へ電話した

「BBQの騒音で110番通報してもいいのか?」と言う迷いから、#9110で電話相談をしました。

「110番通報多いから、緊急性のない要件は、#9110に電話して相談してね。」とのこと。電話する時は「#」も入れてね。

詳しくは:政府広報オンラインを見てください

#9110に電話して、「BBQで迷惑している。110番通報してもいいのか?」と言う内容を言いました。

回答は「普通のBBQをしている場合、警察としては何もできないでしょう。正し、以下の場合であれば110番通報してもらっても構わないですよ。」と言われまた。

  • 子供が寝ている時間帯でもBBQ
  • 音楽を大音量でかけながらBBQ
  • 明らかに道路をはみ出してBBQ

これらの場合でも警察官が、現地に行き「お願い」から始まる。と言うことらしいです。

注)あくまで、私に対応してくれた警察官の言葉です。

③バーベキュー会場の近くに住んでいる人

BBQ会場の画像

商売であれば、法律の対象になります

土日にはたくさんの人が会場に来て、バーベーキュー

バーベキュー会場も②同様に、法律・条例では禁止されていません。

決定的な違いは

  • 商売をしているんです。
  • お金を取っているのです。

商売をしていると言うことは、騒音規制法の対象になります。しかし、バーベキューから発生する騒音は規制対象外です。

近年のバーベキュー会場は、食材を持ち込まなくてもOK!手ぶらOK!と言う会場が多いです。又は、バイキング形式のBBQ会場もあります。このような会場からの騒音に苦しんでいる人にはチャンスがあります。正し、チャンスです。

この先は、あなた自身が行動しなけれなばいけません

規制対象の機械を設置しているかも?

騒音規制法・条例で規制されている機械のボタンの画像 ボタンを押すとものすごい騒音が発生するでしょう

簡単に説明をすると、このような会場は騒音規制法で規制されている機械を使用しているケースがあるかもしれません。騒音は、条例でも規制されています。条例で規制されているかもしれません。

圧縮機・冷凍機などが、騒音規制法や自治体の条例の騒音規制対象になっています。

対象になっていると、騒音の基準値を超えないようにしなければいけません。

勘違いしないで下さい。

騒音規制法のルールでは、規制されている機械を設置すると、騒音主は敷地全体から出る騒音を管理しなければいけません。

「規制対象である機械の騒音を小さくすればいい」のではありません。その他の騒音も対象になります。

これが、騒音規制法のルールです。

条例の場合は、自治体ごとにルールが異なります。

騒音の窓口に相談です

住所を教えてくれないとわからないぞ!と笑顔で答える男性の画像

規制されている機械を設置する場合は、届け出が必要です。

騒音の窓口に電話をすれば、設置しているか?が確認できます。

BBQ会場の騒音がうるさい!法律や条例で規制されている機械を設置していないか?確認してほいしい」と言いましょう。

設置されていれば、職員さんが測定しに来てくれます。

設置されてないと・・・( ^ω^)ガンバレ!